• MVNOのサービスはお客さん寄り

    通信サービスを提供している会社といえば大手携帯電話キャリアです。

    スマートフォンを利用する時に契約を行い、本体とSIMカードを手に入れることができます。


    基本的に大手は性能の良いスマートフォンを扱っているので月額費用も結構高く設定されているのが現状です。

    その反面サービスは非常によくサポート体制も充実しているので満足できる内容となっています。



    世の中には最近登場したMVNOと呼ばれるサービスも用意されていて、こちらは大手携帯電話キャリアとはちょっと違う内容です。

    通信設備を設けてないサービスですがスマートフォンとSIMを購入することができます。
    大手を利用して通信設備をレンタルしているので自社で用意しておらず、かなり安い金額でスマートフォンとSIMカードを提供してくれるのが特徴です。

    設備投資をしていないだけに費用がかからずメンテナンス用の人件費もかかっていないため、安く提供できるのが理由となっています。
    格安スマートフォンは本体価格が1万円くらいから1万5000円位なので月額費用も2000円くらいに設定されているのが特徴です。



    毎月のコストを気にしているのならMVNOに乗り換えてみるといいでしょう。
    お客さんのライフスタイルに応じてプランを選択できるのもMVNOの魅力です。
    あまりインターネットは使わない、メール程度しかしないのなら2GBプランや1GBが良いといえます。


    月額費用も1500円程度なので大幅なコスト削減が可能です。