• 初心者が利用しやすいMVNOとは

    毎月格安のランニングコストでスマートフォンやタブレットを運用できるサービスとして、急送に知名度とシェアを伸ばしているのが、格安SIMと呼ばれるサービスになります。
    これらの格安のサービスはMVNOという通信事業者が取り扱っているサービスであり、大手携帯事業者のサービスと比較すると圧倒的に低価格である点に大きなメリットがあります。



    MVNOは大手携帯事業者から通信回線を借りて契約者にサービスを提供しています。

    自前でモバイル通信向けの通信回線を保有していないので、親元の通信事業者に通信回線のレンタル料を支払う必要がありますが、通信回線の保守点検のコストがかからないため、その分安くサービス提供ができているというわけなのです。



    最近では様々な事業者がMVNOとして格安SIMサービスに参入していますが、馴染みのある会社が運営しているとして初心者にもおすすめできるのが、OCNモバイルONEやUQモバイルといったMVNOになります。



    OCNモバイルONEはNTT系列のインターネットプロバイダであるOCNが展開する格安SIMサービスで、NTTコムストアなどからSIMカードの購入が可能となっています。一方でUQモバイルは、大手携帯事業者の一つであるauのサブブランドであり、auと同じ通信回線で通信が可能となっています。
    またUQモバイルは実店舗も数多く展開しているので、大手携帯事業者と契約するような感覚で契約できるという強みもあります。