• このごろよく聞くMVNOってなに?

    • MVNOとは、英語ではMobileVirtualNetworkOperatorといい、その頭文字を並べたものです。

      日本語にすると、仮想移動体通信事業者になります。

      でも、単に日本語に直しただけでは分かりにくいかもしれません。

      しかし、格安スマホ、フリーSIMと言いますと、ほとんどの方にお分かり頂けるでしょう。


      MVNOは簡単に言いますと、格安スマホやフリーSIMを取り扱っている会社です。
      大手通信事業者から無線通信用のインフラ(無線局や基地局、回線など)を借り受け、自社のブランドとして音声通信やデータ通信を提供しています。
      言葉ではこのように説明できますが、いまいちピンと来ない方も多いことでしょう。別のモデルに置き換えて説明してみましょう。
      大手通信事業者をショッピングモールの経営者とすると、MVNOをそこに出店している小売店と言った関係になります。


      利用者は店を訪れる客と言うことになります。

      MVNO に関する最新情報はこちらです。

      小売店は出店料をショッピングモールの経営者に支払い、商品を売っています。これと同じ図式が大手通信事業者とMVNOにも当てはまります。ショッピングモールに並んでいるそれぞれのお店がMVNOの各社になります。



      取り扱っている商品は大手通信事業者の通信回線の切り売りです。

      単なる通信回線の切り売りですと、利用者が選んでくれない可能性もあります。


      そこで各会社がそれぞれ格安の値段を設定したり、魅力となるサービスを付加することによって利用者の獲得にしのぎを削っているのが現状です。



  • 基礎知識

    • 分かり易いMVNOの解説

      MVMOとは、mobilevirtualnetworkoperatorの略称で、携帯電話の無線通信ネットワークなどを独自にもたず、他社から借り受けて自社ブランドのサービスを提供する事業者のことです。携帯電話サービスのほかに、同じ回線を使って、ポットの使用状況から高齢者の安否を確認するサービスや、車載通信機器を通じてカーナビのデータを更新したり、事故や盗難時に車の状況を知らせるなどのサービス等、独自のサービスを提供する。...

  • 知りたい機械事情

  • 機械の情報まとめ・機械関係の情報

    • MVNOのサービスはお客さん寄り

      通信サービスを提供している会社といえば大手携帯電話キャリアです。スマートフォンを利用する時に契約を行い、本体とSIMカードを手に入れることができます。...

    • 初心者が利用しやすいMVNOとは

      毎月格安のランニングコストでスマートフォンやタブレットを運用できるサービスとして、急送に知名度とシェアを伸ばしているのが、格安SIMと呼ばれるサービスになります。これらの格安のサービスはMVNOという通信事業者が取り扱っているサービスであり、大手携帯事業者のサービスと比較すると圧倒的に低価格である点に大きなメリットがあります。...